【受注生産】<br>FRAGRANCE CANDLE / KYARA<br>Color:グレー
【受注生産】<br>FRAGRANCE CANDLE / KYARA<br>Color:グレー
【受注生産】<br>FRAGRANCE CANDLE / KYARA<br>Color:グレー
【受注生産】<br>FRAGRANCE CANDLE / KYARA<br>Color:グレー
【受注生産】<br>FRAGRANCE CANDLE / KYARA<br>Color:グレー

【受注生産】
FRAGRANCE CANDLE / KYARA
Color:グレー

T.A.S
¥6,930(incl.tax)
Unit price per
数量
こちらは受注生産商品です
・お届けまで約1.5ヶ月頂いております。
・ご注文時に商品代金全額お支払いを申し受けます。
・受注生産商品の返品交換はお断りしております。

T.A.S 定番のフレグランスキャンドルに中本智士の別注としてイタリアのレザーを使用しました。 シボ感のある高品質なイタリアの牛革を使用し、通常のラインでは製作していない深みのあるグレーを採用。

使い終わったキャンドルは中の蝋を削り落とし、小物入れとして再利用してください。

伽羅とは沈香の種類の一つ。そもそも沈香も聞き馴染みが無いと思います。沈香は木が樹脂化し、香となったものです。主に香りを楽しむ香道で使われています。現在では、ワシントン条約の希少品目第二種に指定されているとても貴重なものです。

伽羅とはその中でも特に品質の高いものにつく名前で、他にも香りの種類によって大きく6つに分けられます。(六国五味と言います)伽羅(きゃら)、羅国 (らこく)、真南蛮(まなんばん)、真那賀(まなか)、寸門陀羅(すもんだら)、佐曽羅(ささら)を立国とし、さらに香りを味に置き換えた五味が存在します。

この伽羅の匂いをデザイナーが抽出し、それを元に香りを作り上げました。甘さの中に少しスパイシーさが漂うとても上品な香りです。女性にもおすすめですが男性が使ってもセクシーな香りです。

品番 CAN-KYARA-SI
Color グレー
素材 COW LEATHER
生産国 日本
SIZE W 8.5cm × H 8.5cm × L 8.5cm
燃焼時間 約40時間

ブランド名のT.A.Sの由来はコンピュータのコマンド、TEST AND SETに由来する。 このテストを繰り返すコマンドのように綻びのない物作りを目指す気持ちが込められている。

ミニマルなデザインに日本の伝統技術/最新技術を融合させる、ヨーロッパ的なデザインに日本の古来からの伝統技術を融合させ、現代的な物作りを目指す。 ファッションという枠を洋服ととらえるのではなく、鞄や帽子、 ルームフレグランス等ライフスタイル全般ととらえ提案していく。 そのためコレクション時期に合わせて商品を発表するが洋服は作らない。 音楽、写真、作品を含め、コンセプチュアルに表現する。 毎シーズン音楽を含めトータルの空間を提案していく。 静謐かつミニマルな物造を追求している。

こちらは受注生産商品です
・お届けまで約1.5ヶ月頂いております。
・ご注文時に商品代金全額お支払いを申し受けます。
・受注生産商品の返品交換はお断りしております。

T.A.S 定番のフレグランスキャンドルに中本智士の別注としてイタリアのレザーを使用しました。 シボ感のある高品質なイタリアの牛革を使用し、通常のラインでは製作していない深みのあるグレーを採用。

使い終わったキャンドルは中の蝋を削り落とし、小物入れとして再利用してください。

伽羅とは沈香の種類の一つ。そもそも沈香も聞き馴染みが無いと思います。沈香は木が樹脂化し、香となったものです。主に香りを楽しむ香道で使われています。現在では、ワシントン条約の希少品目第二種に指定されているとても貴重なものです。

伽羅とはその中でも特に品質の高いものにつく名前で、他にも香りの種類によって大きく6つに分けられます。(六国五味と言います)伽羅(きゃら)、羅国 (らこく)、真南蛮(まなんばん)、真那賀(まなか)、寸門陀羅(すもんだら)、佐曽羅(ささら)を立国とし、さらに香りを味に置き換えた五味が存在します。

この伽羅の匂いをデザイナーが抽出し、それを元に香りを作り上げました。甘さの中に少しスパイシーさが漂うとても上品な香りです。女性にもおすすめですが男性が使ってもセクシーな香りです。

品番 CAN-KYARA-SI
Color グレー
素材 COW LEATHER
生産国 日本
SIZE W 8.5cm × H 8.5cm × L 8.5cm
燃焼時間 約40時間

ブランド名のT.A.Sの由来はコンピュータのコマンド、TEST AND SETに由来する。 このテストを繰り返すコマンドのように綻びのない物作りを目指す気持ちが込められている。

ミニマルなデザインに日本の伝統技術/最新技術を融合させる、ヨーロッパ的なデザインに日本の古来からの伝統技術を融合させ、現代的な物作りを目指す。 ファッションという枠を洋服ととらえるのではなく、鞄や帽子、 ルームフレグランス等ライフスタイル全般ととらえ提案していく。 そのためコレクション時期に合わせて商品を発表するが洋服は作らない。 音楽、写真、作品を含め、コンセプチュアルに表現する。 毎シーズン音楽を含めトータルの空間を提案していく。 静謐かつミニマルな物造を追求している。