【サトシーノ別注】<br>FRAGRANCE CANDLE / HINOKI<br>Color:グレー
【サトシーノ別注】<br>FRAGRANCE CANDLE / HINOKI<br>Color:グレー
【サトシーノ別注】<br>FRAGRANCE CANDLE / HINOKI<br>Color:グレー
【サトシーノ別注】<br>FRAGRANCE CANDLE / HINOKI<br>Color:グレー
【サトシーノ別注】<br>FRAGRANCE CANDLE / HINOKI<br>Color:グレー
T.A.S

【サトシーノ別注】
FRAGRANCE CANDLE / HINOKI
Color:グレー

在庫販売:注文後1~5営業日内お届け
¥6,930(incl.tax)
Unit price per
数量

商品ご注文時の同意事項


  • 発送に関するご案内
    商品発送は各ブランド毎となっております。複数ブランドをまとめてご注文いただいた場合、ブランド毎に別便でのお届けになりますがお求め頂いた通り順次発送致しますので、ご安心ください。
    もしくは、ご注文完了後1時間以内であれば、ご自身でご注文をキャンセルし、正しいご住所でお買い直しくださいませ。

  • 配送先の変更について
    入力間違いや転居等により配送先の変更が必要な場合、商品発送後にお客様ご自身で配送会社にお送り先の変更をご依頼ください。※別途転送料が掛かる場合がございます。
    もしくは、ご注文完了後1時間以内であれば、ご自身でご注文をキャンセルし、正しいご住所でお買い直しくださいませ。

  • 返品交換不可
    こちらの商品はご交換、ご返品をお断りしております。(不良、誤配送の場合を除きます。)

同意事項についてすべて確認し、同意する。

同意するにチェックしてカートに入れてください。

T.A.S 定番のフレグランスキャンドルに中本智士の別注としてイタリアのレザーを使用しました。 シボ感のある高品質なイタリアの牛革を使用し、通常のラインでは製作していない深みのあるグレーを採用。

使い終わったキャンドルは中の蝋を削り落とし、小物入れとして再利用してください。

爽やかなウッドの香り 古くから日本で愛されている檜の香り。その檜の香りを元に調香し作り上げられています。ウッド独特の安らぎのある香りに、ほのかな甘み。最後に鼻を通り抜ける微かなスパイシーさが特徴です。

品番 CAN-HINOKI-SI
Color グレー
素材 COW LEATHER
生産国 日本
SIZE W 8.5cm × H 8.5cm × L 8.5cm
燃焼時間 約40時間
備考

ブランド名のT.A.Sの由来はコンピュータのコマンド、TEST AND SETに由来する。 このテストを繰り返すコマンドのように綻びのない物作りを目指す気持ちが込められている。

ミニマルなデザインに日本の伝統技術/最新技術を融合させる、ヨーロッパ的なデザインに日本の古来からの伝統技術を融合させ、現代的な物作りを目指す。 ファッションという枠を洋服ととらえるのではなく、鞄や帽子、 ルームフレグランス等ライフスタイル全般ととらえ提案していく。 そのためコレクション時期に合わせて商品を発表するが洋服は作らない。 音楽、写真、作品を含め、コンセプチュアルに表現する。 毎シーズン音楽を含めトータルの空間を提案していく。 静謐かつミニマルな物造を追求している。

T.A.S 定番のフレグランスキャンドルに中本智士の別注としてイタリアのレザーを使用しました。 シボ感のある高品質なイタリアの牛革を使用し、通常のラインでは製作していない深みのあるグレーを採用。

使い終わったキャンドルは中の蝋を削り落とし、小物入れとして再利用してください。

爽やかなウッドの香り 古くから日本で愛されている檜の香り。その檜の香りを元に調香し作り上げられています。ウッド独特の安らぎのある香りに、ほのかな甘み。最後に鼻を通り抜ける微かなスパイシーさが特徴です。

品番 CAN-HINOKI-SI
Color グレー
素材 COW LEATHER
生産国 日本
SIZE W 8.5cm × H 8.5cm × L 8.5cm
燃焼時間 約40時間
備考

ブランド名のT.A.Sの由来はコンピュータのコマンド、TEST AND SETに由来する。 このテストを繰り返すコマンドのように綻びのない物作りを目指す気持ちが込められている。

ミニマルなデザインに日本の伝統技術/最新技術を融合させる、ヨーロッパ的なデザインに日本の古来からの伝統技術を融合させ、現代的な物作りを目指す。 ファッションという枠を洋服ととらえるのではなく、鞄や帽子、 ルームフレグランス等ライフスタイル全般ととらえ提案していく。 そのためコレクション時期に合わせて商品を発表するが洋服は作らない。 音楽、写真、作品を含め、コンセプチュアルに表現する。 毎シーズン音楽を含めトータルの空間を提案していく。 静謐かつミニマルな物造を追求している。